カフェニャンズ

ぬくもりを感じて

昨日は生駒でも
最高気温が20℃になる良い天気でした。

もちろん、日当たりが良い
カウンターにはカフェニャンズがたむろしていた時もありましたが

開店間もなく
ふと見ると
お客様の伸ばされた足にカフェニャンズが絡んでいました。

シロン、ムース、プリン、ファビ

開業後1?2年ぐらいは
猫が好き過ぎるあまり、
猫を抱っこしようとするお客様がたくさんいらっしゃいました。

シロン、プリン、ファビ
 ※ムースがいなくなりました。

はたして、みんなに逃げられて
「ここの猫たちは人懐っこくないなぁー」
とよく言われた覚えがございます。

クリーム、ムース
 ※ムースはクリームと一緒に膝に乗っていました。

抱っこを禁止させて頂こうと思った時もありました。

膝乗り大会
 ※この子たちは全て自らおもむき膝の上で暖をとっています。

でも、寝ている猫を静かに少しだけ抱き上げて
膝の上に上手に乗せているお客様がいらっしゃる事実も
ほんの少しだけですがあり、その行為を禁止することにも
なるので安易に「抱っこを禁止」できませんでした。
※中学生未満の猫の抱き上げ行為は嫌がって顔を引っ掻かれたりした場合
 体力的に避けれない可能性が高いので現在も禁止しております。

プリン、ファビ
 ※安心しきって熟睡しています。

「見知らぬ人が無理やり抱っこをすると猫たちに嫌われる」ことを
知らないお客様が多いと気づきました。
※わが愛猫は抱っこをしても逃げない(喜ぶ)から
 「猫は抱っこをしても嫌がらない」と思われる
 お客様も少なからずいらっしゃるからです。

クリーム

そのことを説明に入れ、事前説明を長くすると
お客様に嫌われるかもしれないリスク、
スタッフオペレーションの簡略化を図れないなど
マイナス要素もありました。
しかしやはり
それ(上記)を口頭でお伝えしようと2?3年前に決意致しました。

シロン、ムース、ファビ
 ※プリンが去ったのでムースが空いたスペースに戻ってきました。

そのおかげかどうかはわかりませんが
最近は、素敵な猫達人のお客様が多く
おかげ様でカフェニャンズも幸せいっぱいになりました。

実は上記はあまり公表したくなかった「小さな事実」です。
「見知らぬ人が抱っこをすると猫から嫌われる」というのは
スタッフ側からすると当たり前すぎて
見過ごされがちなことであったからです。

計画停電に該当される
猫カフェさんの心中をお察し申し上げます。
各オーナー様が優しいお客様に支えられ
この苦難を乗り越えられますように
ただただ願うだけです。

また
私の阪神大震災の被災経験だけで申し上げるのは
恐縮ではございますが
被災者も無理やり間違った善意を押しつけられると
つらくなります。

手を差し伸べて欲しい時に
的確に
そっと手をさしのべることが大事だと感じています。

その時までに
精神的にも物質面でも
パワーを貯めることができればと思う次第です。

カフェニャンズがいつまでも人を好きでいられますように
肉球をポチっとクリックして下さいね。[:おてんき:]

※パソコンとスマートフォンからは現在ランキングカウントが可能です。

にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ

素敵な猫カフェのブログが沢山。

お客様目線での「とうこさん」のブログ「まどろみTail」は
当店公認ブログです。とてもお勧めです[:down:]

http://catouko.blog68.fc2.com/

見られたら忘れずに「猫カフェ」をクリックしてくださいね! 

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

このブログへは日本語が含まれないコメントはできません。(スパム対策)

Return Top