カフェニャンズ

人気スポット騒動

この物語は昨日、
あるお客様の足の間で起こった
ノンフィクションのストーリーです…

ファビとプリン

プリンが寝ていた頭の上の
狭いスペースを見つけて
無理やり座りこむファビ。

プリンとファビ

プリン「ファビさん、く、る、し、い…」

プリンとファビ

ファビ「あら、プリンちゃん苦しいの?。」
プリン「は、い…」

プリンとファビ

ファビ「プリンちゃん、ごめんなさいね?。」

プリン「あ? 苦しかったわ?、ゲホッ!ゲホッ!」

プリンとファビ

ファビ「プリンちゃんもそろそろ活動しなさいよ。」

プリン

プリン「はい、そうします。」

ファビ『ウフッ!プリンちゃんの所に後で戻ろうかしら…』

しばらくすると…

マロン

マロン「こんな良い所が空いているなんて今日はラッキーだなぁー。」

マロンとファビ

ファビ「あっ! マロンちゃんに取られちゃったわ?。」

マロン

マロン「スピッ、スピッ…」

マロン

マロン「ブヒッ、スピッ、ペロン、ブヒッ、スピッ、ペロン。」

プリンとクリーム

プリン「マロンちゃんが退いたから行きたいけど、
   くーちゃんがなんかテンションが高くてあやしいわ?。」

プリンちゃんの予測があたり
早速クリームが人気の足の間にやってきました…

クリームとシロン

クリーム「奥はもっと温そうだなぁ?。」

と、前足を掻き掻きしながら奥へ潜り込もうとするクリーム。

マロンとクリームとシロン

クリーム「マロン、ここはもう行き止まりで入れないよ?。」

マロン「僕もさっきそこいたけど、足の間が気持ちいいよ?。」

クリーム

クリーム「この体勢でいいのかなぁー。」

マロン「うん、さっきの方向だとファビちゃんが頭上に乗って
   息が出来なくて苦しいみたいだよ。」

クリーム

クリーム「そうなんだ? じゃーこれで良いんだね。」

ニャンズたちは知らぬ間にコミュニケーションをして
いろんな情報を収集しているようです。

○○様、
たくさんの撮影にご協力頂き有難うございました。


当店が末長く皆様に親しまれますように毎日1回
肉球をポチっとクリックして下さいませ。[:おてんき:]

※パソコンとスマートフォンからは現在ランキングカウントが可能です。

にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ

素敵な猫カフェのブログが沢山。

お客様目線での「とうこさん」のブログ「まどろみTail」は
当店公認ブログです。とてもお勧めです[:down:]

http://catouko.blog68.fc2.com/

見られたら忘れずに「猫カフェ」をクリックしてくださいね! 

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

このブログへは日本語が含まれないコメントはできません。(スパム対策)

Return Top