マロン

マロン、いつまでも

朝は突然、悲しいお知らせをしてしまったことを
深くお詫び申し上げます。

お仕事の方もいらっしゃるので
夕方以降に、臨時休業の理由を記載すれば良かったと後悔しております。
お店の責任者として冷静に対応しようとしたつもりでしたが
配慮が足りず申し訳ありませんでした。

先述のブログにて、たくさんの皆様にコメントを頂戴致しました。
マロンへの哀悼の意、私どもへの励ましのコメント等に感謝申し上げます。
今回はこのブログにて皆様へのご返信とさせて頂くことをお許し下さい。

マロン

何の覚悟もできなかったまま、突然、マロンとお別れにすることになり
今になってもまだ夢を見ているようです。

マロンを可愛がって頂いた皆様も同じ思いだと存じます。

プリンとマロン

お昼に、自宅に連れ帰り、陽だまりの中、マロンを撫でてあげると
柔らかく少し温かかったので、実はまだ寝ているだけなのでは? 
と、思ったりもしました。

しかし、マロン特有の「スピースピー」という愛くるしい鼻息は
残念ながら、どうしても聞こえてきませんでした。

ニャンズの数だけ喜びがあると同時に
その数だけ深い悲しみが隠れています。
それを覚悟で猫カフェ開業を選択致しました。

選択した以上、全ての責任を負い、行きつくところに行くまで
今は立ち止まる余裕はありません。

ニャンズの悲しい出来事があっても弱音を吐かず
これまでお店を休むことを選択致しませんでした。

でも、マロンとの6年半近くの想い出は
私の心を折ることとなりました。

マロンとクリーム

当日の突然の休業にて、昨日電話予約頂いた方々、
訃報を知らずにわざわざご足労頂いた方々、
この日の楽しみとしてご来店を予定されていた方々に
ご予定変更を余儀なくさせてしまったことに深くお詫び申し上げます。

絵

当店は、
日々辛いことがあっても頑張っていらっしゃる皆様に
エンターテイメントをご提供することに専念した猫カフェです。

皆様から学び、少しずつですが、そのエンターテイメントの行く先は、、
「ニャンズが幸せに暮す空間」へと方向づけさせて頂くに至りました。

他のカフェニャンズもいます。
また皆様の温もりを求めております。
だから、明日からはいつも通り、笑顔を交えて営業致します。
ただ、少しだけ、ほんの少しだけ、
涙ぐむことがあるかも知れませんがお許し頂ければ幸いです。

カフェニャンズ

6年8ヶ月の短い命でしたが、マロンは皆様に愛され、
他のカフェニャンズにも慕われ、本当に幸せだったと思っています。

マロンは見た目も個性的で、
可愛がられキャラで、甘えた上手で
そしてたまには強気なところもありました。
寝ていても、スピ?スピ?と、
その存在感は皆様の心を癒してきたに違いありません。

マロンを可愛がって頂いた全ての皆様に心より感謝申し上げます。

マロン

マロン

マロンが天命を全うし、天国でも幸せに暮らせること確信しております。


マロン、いつまでも...


にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ

素敵な猫カフェのブログが沢山。

URL
TBURL

コメント & TRACKBACKS

  • Comments ( 18 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. そちらに初めて伺った時に膝乗りしてくれたのがマロンさんでした。
    帰る時間ギリギリなのに、退かせようとすると「やめて?」と全然離れてくれなくてマロンさんをマッサージして離れるのを待ったことを思い出しました。

    何度、前の記事を読んでも、この記事を読んでも、私にも全然実感というものが沸いてきません。

    しばらく忙しいので伺えないですが、きっと伺った時はマロンを探してしまいます。

    オーナーさんやスタッフさんには無理して欲しくないです。
    頑張り過ぎないで下さい。

  2. 先週お伺いさせて頂いた時に、子供達とマロンさんは奇跡のネコちゃんだねと話していたところでした。

    一夜開けても悲しみは増すばかりですが、マロンさんに出会えたことを今とても感謝しています。

    時の流れとともにオーナーさん、ご家族、スタッフの皆様の悲しみが少しずつ癒されることをお祈りしています。

  3. ブログ読んでとても驚きました。
    マロンちゃん、亡くなったって…。
    先週お伺いした時は本当に元気で、いつも通りに元気やったのに…。

    玄関にある白いスツールの上で私の膝に乗ってくれて、あごやお腹を触ったら目を細めてたのに。
    鼻をすぴすぴ鳴らして、おやつを食べてたのに…。

    涙止まらないです。

    キャットテイルさんへ行ってみたいと思ったきっかけがマロンちゃんでした。
    ネコちゃん紹介の映像でふみふみしている姿がとてもかわいくって、娘と「会いに行きたい!」とドキドキしながら呼び鈴を押しました。

    オーナーさん始めスタッフのみなさん、気持ちの整理なんてそうそうつくものではないと思いますが…。
    マロンちゃんにもらったいっぱいの思い出は私の中にしっかり生きています。

    上手く言えなくてごめんなさい。
    マロンちゃんのご冥福をお祈りしています。

    ホントかわいかった。
    私の膝はまだマロンちゃんのぬくもりを覚えてます。

  4. ここしばらくお店に行けなくて、マロンさんの顔を見ることなくお別れになってしまいました。

    昨日はあまりに突然で、涙も言葉もうかびませんでした。
    今日のオーナーさんの記事を読んで、やっと涙が流れました。

    娘が高校生になって間もない頃に「猫カフェが出来たよ。」お祝いをかねてお店に行ったのがもう6年前。
    猫さんは好きだったけれど家庭の事情で飼えなくて、お店に伺ったものの猫さんとどう触れ合えばいいのかもわからない私と娘が、初めて手を触れたのがマロンさんでした。

    命ある以上、いつかは訪れる別れの時とはいえ、やっぱり寂しいし悲しいですね。

    オーナーさんをはじめ、ご家族やスタッフの皆様は言葉で表せない心中ではとお察しします。
    今日からお店は開けられるとの事ですが、どうか無理なさらないでくださいね。

    まとまらないままの長文になってごめんなさい。

    最後になりましたが、マロンさんのご冥福をお祈り致します。

  5. おはようございます。
    いまだに信じられない気持ちですが、近日中に、マロンにご挨拶に伺いたいと思っております。
    オーナーさま、スタッフの皆さまにおかれましては、どうか、ご無理をなさられませんように…。いつか、悲しみが癒えますようお祈り申し上げます。

  6. 昨日は突然のことで信じられなくて、涙が出てきませんでした。
    どうか夢であって欲しいと思いましたが、今、ブログを拝見し涙が止まりません。
    マロンの存在は大きかったです。
    オーナーさま、スタッフのみなさま、ご無理をなさられませんように。

    マロンのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

  7. 奈良に住んでいたときに見つけて何度かお伺いさせていただきました。
    私は実家で猫を飼っていましたが、奈良に来て家庭環境で飼えず、猫好きな嫁といつかは飼おう…と考えているときに気軽に触れ合える場所として来店させていただきました。

    私自身も実家で何度もお別れをしてきました。居なくなった現実を受け止めるまでに相当な時間を要しましたが、マロンもオーナーさんの、他のお客様の中にずっと居てると思いますよ。

    今は九州に転勤してしまい行けなくなりましたが、心の中でずっと祈っています。
    また関西へ帰ったときはお伺いさせていただきますね。
    文章がヘタで申し訳ありません。
    みなさまもあまり無理はしないでくださいね。

  8. 突然の訃報でびっくりしました。
    先日伺った時は、本当お腹をなでさせてくれて、可愛い仕草もしてくれてとっても癒されてました。
    食欲も旺盛で沢山おやつも食べてくれてました。
    沢山、幸せな時を過ごさせてくれたのに、何もしてあげることが出来なかったのが残念です。
    ただ、人にもニャンズにも慕われて、マロンは凄いニャンズだったんだなぁって・・・
    「ありがとう」の言葉をかけたかったです。

    オーナーさんやママさん、スタッフさんも
    無理はなさらないでくださいね。

  9. マロン…突然過ぎてびっくりだよ…たくさんの癒しをありがとう。皆のアイドルマロンはきっと向こうでも愛されるね☆向こうでもカフェニャンズを見守っててね☆
    オーナーさん…なんて言っていいか…無理をしてそうで心配です。倒れないように休める時は休んでくださいね。

  10. ずっと、そちらに、行けていなくてマロンちゃんともう、3年くらい会ってなかったです。
    可愛くて大好きでした。
    天国で幸せに暮らしてますように。
    ご冥福をお祈りします。
    マロンちゃんありがとう!!

  11. マロンは キャットテイル様のシンボルのような 奇跡のような子だと 感じていました
    愛らしい容貌も 他の子達との関係も
    オーナー様と共に お店と共に 過ごしてきた子なのですね
    それだけに オーナー様のショックは いかばかりかと お悔やみ申し上げます
    急なお休み… それだけ愛しておられるのですね
    マロンも 幸せな生涯だったと思います
    これまで オーナー様を支えてきたのだから 今は幸せに新しい世界でも過ごしているのでしょうね
    最期の時が せめて側にいらっしゃる時で良かった
    オーナー様にとっても マロンにとっても
    悲しみは ゆっくりと癒してください
    お店で癒しをいただいた私達が、オーナー様と 悲しみもまた(オーナー様の悲しみには 到底及びませんが、)共有させていただいたとしても、本意ではないと仰いますが、それもまた 良いのではないでしょうか
    また、伺わせてください
    マロンと同じように、奇跡のように幸せな子達であふれた空間で、マロンの思い出を偲ばさせてくださいね

  12. By にゃにゃにゃ

    マロンちゃん…

    毎日チェックするブログ、
    仕事の都合で昨日今日と見れず、
    癒されて寝ようと開いてみたら…

    涙が止まりません…。

    先月携帯を変えた私にとって
    プリンちゃんと仲良く眠るマロンちゃんの
    動画と、マロンちゃんの
    かわいい肉球は永久保存です。

    あのつちのこの尻尾、歩きかた
    すぴすぴ鼻息。
    全部が愛おしすぎて、
    マロンちゃんはほんとににゃんずからも
    お客さんからも愛された猫ちゃんでした。

    天国でオレオと
    ゴマちゃんの赤ちゃんたちと
    たくさんねてたくさん遊んでね。

    長くなりましたが
    オーナーさん、どうか無理をなさらずに
    また近々伺わせてもらいます。

  13. 信じらんない…。
    大好きだよお!!!!!!!!!!!!
    ありがとう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

  14. 突然のマロンちゃんの訃報に驚き、ショックを受けました…。(涙)

    私がキャットテイルさんに行くようになってから6年経ちますが、いつも愛くるしいマロンちゃんに癒され続けました。
    お世話になったのは私の方です。

    つい数日前に私のスマホにたくさん写っている猫たちの写真を猫好きの知人に見せたら、マロンちゃんが一番可愛いと言っていました。
    虫の知らせがあったのかもしれません。

    マロンちゃん最高の癒しありがとう。

    店長さんへ、
    次回は6月に行きます。そこでマロンちゃんの話しをまたさせて下さい。

  15. 生きているからには避けられない、とはいえやはり悲しいです。
    写真を見返してみると、5年前からお邪魔させてもらっていました。
    いつもいつも、マロンに癒されてきました。
    実は明日久しぶりに伺おうと思って、ブログを拝見してこの訃報を知りました。
    訳のわからない喪失感、という表現しか出てきません。
    オーナーとスタッフの方の気持ちを思うと、たまりません。
    きっと、癒されるはずの場所で泣いてしまうので、申し訳ないですが明日は行かないつもりです。
    でも、少し時間をいただいてから、妻と2人で伺います。
    悲しみが思い出に変わって、懐かしむように振り返れたらと思います。
    いつか、自分の子供と一緒に行って、昔ツチノコみたいな奇跡の愛くるしい猫がいたんだよ、って言える日を、願っています。
    オーナー、スタッフの皆様、これからもよろしくお願いします。

  16. 投稿が遅れてもうし訳ありません。25日付の「臨時休業のお知らせ」の内容を見てショックを受け、ここ数日食欲不振や引きこもりがちになりました。マロンくんに思い存分癒されたことを思い出すと号泣しまくりでただ追憶するばかりです。おそらくこの愛くるしい容姿の猫ちゃんはこれ以上現れないことでしょう。マロンくん、これまで癒しをありがとう。そして虹の上から私達を見守ってね・・・。

  17. 先程、メルマガを見てめちゃくちゃ驚きました。
    マロンちゃんを撫でた時に本当にフワフワでマシュマロみたいで、すごく癒されたのを覚えています。
    オレオの時は入院していたと記載があった為、少しは覚悟できていましたが(それでも大ショックでした)マロンちゃんは本当に突然で、正直呆然としています
    そろそろお伺いしようと思っていたのですが、大泣きしそうな気がするので、少し落ち着いてから伺います
    天国でオレオと仲良く楽しく暮らしてね。

  18. 突然のさよならに、ただただ悲しみがあふれます。

    マロンちゃん、いつもありがとう。
    いつもふかふかでころころでかわいいマロンちゃん。
    たくさん癒してくれてありがとう。
    一緒に遊んでくれてありがとう。
    膝の上をあっためてくれてありがとう。
    私の手からおやつを食べてくれてありがとう。

    あなたに会うと、あなたと一緒にいると、ほんとうに心からしあわせな気持ちになれました。
    きっとずっと忘れません。

    オーナーさん、マロンちゃんに出会わせてくださってありがとうございます。
    どうか無理をなさらず、おからだにお気をつけ下さい。

コメントする

*
*
* (公開されません)

このブログへは日本語が含まれないコメントはできません。(スパム対策)

Return Top