クリーム

大きな瞳の輝き

IMG_0062昨日は沢山の皆様に最後のお別れの挨拶にお越し頂き誠に有難うございました。
また急なお別れだったためお逢いできなかった方々に深くお詫び申し上げます。
昨夜家族でクリームのお葬式を行いました。
本日お昼過ぎにお骨になってお店に戻って参ります。
手を合わせて頂ければ幸いです。

 

以下は、一昨日掲載予定にしていたクリームのブログです。
ag-DSC01036一月下旬、レオ様が強引にお膝の隙間に入り込んだWお膝乗り。

その約2時間後…ag-DSC01047今度はくーちゃんがよっこらしょ。

ag-DSC01049レオ「あっ、顔が…。」

ag-DSC01050クリーム「ちょっと、ごめんね。」

ag-DSC01052収まったクーちゃん。

ag-DSC01054レオ「温いからいいか。」

ag-DSC01097翌日もお膝乗り。

ag-DSC01159その翌日は、ククちゃんとレオ様の間に割り込むクーちゃん。

ag-DSC01164落ち着くクーちゃん。

ag-DSC01168クリーム「あれはなんだ?」

ag-DSC01169クリーム「ちびマンタ?おやつじゃないよな。」

ag-DSC01210翌々日、座椅子ルームでもお膝乗り。

ag-DSC013342月3日(土)はレオ様と仲良くお膝乗り。

ag-DSC01330レオ様とクーちゃんは開業時のすぐに当店に一緒にやってきた同期メンバーなんです。

IMG_2176昨年関西ウォーカーの取材でも大活躍したクーちゃん。

クリックするとご覧頂けます↓
にゃんこマガジン記事「シースルークリームのちょっとした要望。」

上記の「シースルークリーム〜」は、2016年12月末に書いたクーちゃんの記事です。掲載は年明けになりました。
2016年8月の健康診断で腎臓関連の数値が高い事が分かって以来約一年半、投薬療法では口に含んで吐き出す事なく上手に飲んでくれたクーちゃん。
療養食生活になり体重は少しづつ減少していましたが、猫休憩室でこそッと缶詰ご飯の催促は頻繁にありました。
そして満足するとお客様のいらっしゃるお部屋に自ら出て行ったりしました。

昨年2017年7月の定期健診では数値を維持出来ていてホッと一安心した矢先、体重の減少が顕著になってきました。
あまり食べなくなる毎にクーちゃんが食べてくれそうな「腎臓に配慮したご飯」をネットで探し求め購入しましたが、体重減少を止める事が出来ず、徐々に背中を撫でると骨がゴツゴツするようになりました。果たして同年12月の検査で数値が跳ね上がっていました。
それから約2か月間、療養食と薬投与の他に2日に1回の点滴通院治療が加わりました。
今年になってからは上記ブログのように割り込んでまでお客様のお膝の温もりを求めたクーちゃん。
亡くなる前日の日曜日の午前中もお客様のお膝乗りをし、午後からもクーちゃんは出場をしたがってましたが、ふらふらした足取りだったので猫休憩室のストーブの前で過ごさせました。
営業終了後、自ら歩いて水を飲みに行く元気がありましたが、翌朝、亡くなる当日の朝からは容態が急変していました。
いつもの通院点滴を受けた後、獣医からかなり状態が悪いことの知らせを受け、夕方自宅へ迎い入れました。そして、穏やかに過ごしました。
夜、虹の橋を渡る前は一度だけぴくッと痙攣しただけです。呼吸をしている様子が殆どわからないほど安らかで、時々少し口を動かすことだけが生きている証しでした。そしてその大きな瞳の光が無くなったことで初めてこの世を去ったことを悟りました。

現在まで、クーちゃんを温かく見守って頂けた全てのお客様、薬あげなどのお世話をして頂いた当店のスタッフ、そして、てづか動物病院長及びスタッフの皆様に感謝申し上げます。
皆様に愛され、好きなおやつもたくさん食べて、クーちゃんはこの11年間を幸せに過ごせたと私は確信しております。

多くの方に下記肉球をクリックして頂き誠に有難うございます。
毎日の励みになります。今後ともよろしくお願い致します。

当店が末長く皆様に親しまれますように毎日1回
肉球をポチっとクリックして下さいませ。

※パソコンとスマートフォンからは現在ランキングカウントが可能です。

にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ

Facebook

TwitterボタンTwitterブログパーツ

お客様目線での「とうこさん」のブログ「まどろみTail」は
当店公認ブログです。とてもお勧めです。

http://catouko.blog68.fc2.com/

 

関連ランキング:カフェ | 四ツ橋駅心斎橋駅大阪難波駅

コメント & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By aki&kumi&yu-ki

    くーちゃん幸せだったと思いますよ☆ミ
    最後の最後まで自分で…とても男らしい性格だったんですね。スタッフさんやオーナーさんに弱った自分を見せたくなかったのかもしれないですね…しんどかっただろうに…その姿をみせず静かに虹の橋を渡っていったんですね…世の中には子供の頃に不知の病にかかり亡くなってしまう猫さんもいます…そのてんではくーちゃんは11年、スタッフさん、オーナーさん、お客さん、ニャンズたちに愛されて育ったんですよね…。

    生駒の頃廊下で何か話すくーちゃんの姿が大好きでした。本当にかわいかったです。

    20年近く生きる猫さんに比べたら早かったかもしれないですが、幸せな人生だったと私は思います☆ミ
    きっと向こうからcattailさんの事見守ってくれてますよね☆ミ

    くーちゃん、お疲れ様でした。

  2. クーちゃん長い間おつかれさまでした。
    癒しをどうもありがとうございました。

  3. クリームかわいかったなぁ。
    またね。。。

LEAVE A REPLY TO aki&kumi&yu-ki CANCEL REPLY

*
*
* (公開されません)

このブログへは日本語が含まれないコメントはできません。(スパム対策)

Return Top