メイビー

お膝乗り猫へのヒントになれば...。

ad-DSC07760お客様のお膝でまったり安らぐメイビー

ad-DSC07758ソファールームはメイビーの元祖マイルーム(エリア)です。

ad-DSC07941ルパンの膝乗りにお邪魔したメイビー。

ad-DSC07943ルパン「メイビーってこんな積極的なお膝乗りをしたかなぁ?」

ad-DSC07944メイビー『ルパンこそ、こんな積極的にお膝乗りする猫だったか?』

ad-DSC07832マイエリアを座椅子ルームまで広げるメイビー。

ad-DSC08088とうとう、メイビーLOVEのベルちゃんにとって嬉しい事が...。

ad-DSC08092ベル「ほんとに、メイビーが来てくれたんだわ~。」

ad-DSC08104メイビーはベルちゃん関係なくそのまま寝てしまいました。
ベル「来てくれただけでも奇跡だわ。」
メイビーがベルちゃんをルパンと間違えていない事を祈るばかりです(笑)

ad-DSC08112ムース「お膝に乗っていたらメイビーが参加しに来てビックリしたよ。」

ad-DSC08115各々のマイルームを基軸に徐々にみんなと交わり、
猫同士の激しいけんかを9年かけて徐々に無くしてきました。
そしてメイビーは少しずつみんなと馴染んできたと思っています。

店内を効率よく広く使うべき猫カフェで3つに部屋を分けるのは集客数の減少につながり論外です。
事実、心斎橋では内装業者様にも「もったいない。」と言われました。
アンケート等でもご指摘がありましたがお客様にとっても3つの部屋を行き来するのは面倒で不便です。
さらに当店の場合、多数のお客様が足を投げ出して猫たちがお膝乗りをしている空間は歩きにくいと思います。
部屋を3つに分けるメリットはお客様にとってたった一つだけです。それも10年近くかかるかもしれません。

ところで、猫がゆっくりくつろげる空間は、
マイルーム(エリア)に仲の悪い猫がいないことが優先順位の一番です。
あと、周りのお客様がゆっくり慎重に動く空間であること、静かな事です。
さらに自分たちを拘束せず自由にさせてくれるお客様は安全と感じます。
お膝乗りカフェニャンズは年月をかけて優しいお客様と、
偶然できた3つの部屋で熟成されたと存じています。

 

多くの方に下記肉球をクリックして頂き誠に有難うございます。
毎日の励みになります。今後ともよろしくお願い致します。

当店が末長く皆様に親しまれますように毎日1回
肉球をポチっとクリックして下さいませ。

※パソコンとスマートフォンからは現在ランキングカウントが可能です。

にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ

素敵な猫カフェのブログが沢山。

Facebook

TwitterボタンTwitterブログパーツ

お客様目線での「とうこさん」のブログ「まどろみTail」は
当店公認ブログです。とてもお勧めです。

http://catouko.blog68.fc2.com/

見られたら忘れずに「猫カフェ」をクリックしてくださいね!
↓ブルー文字の「キャットテイル」よりご覧頂けます。

 

関連ランキング:カフェ | 四ツ橋駅心斎橋駅大阪難波駅

コメント & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By あき&くみ&ゆうき

    私はあの三つの部屋に分かれている空間が好きです☆
    何となく自分の時間が持てる気がします(⌒‐⌒)
    お膝乗りニャンズ達の良さもそれぞれの部屋でそれぞれのスタイルで癒してくれるcattailさんの良さも魅力あると私は思います☆
    ニャンズがお膝のりを楽しむ猫カフェってそうそう無いです(笑)ほんとニャンズと近くて私は好きです☆

    ベルちゃんメイビー君とツーショットできて良かったね~(⌒‐⌒)なんだか凄く嬉しかったです☆

  2. By あき&くみ&ゆうき

    因みに今日息子が一歳の誕生日を迎えました(⌒‐⌒)
    ボンボンちゃんももう大人になったんだなぁ…と今日思いました(⌒‐⌒)ベルちゃんメイビー君への愛が叶っていることを願います☆

  3. わたしは、3つに分かれた部屋が大好きです。
    生駒店を見つけて初めてお店に伺った時、まだニャンズのお膝乗りのコツを知らなくて中々ニャンズとお近づきになれなかったのですが、ニャンズが扉の前で外に出たそうにしてるところで扉をあけてあげるのが、ニャンズと少しだけ心が通じた気分になって嬉しくなりました。
    心斎橋店でもお部屋を分けていただけて、今でもニャンズの楊子をうかがって扉をあけてあげるのを楽しみにしています。
    近々またお店に伺わせていただこうと思います。どうぞよろしくお願いいたします!

コメントする

*
*
* (公開されません)

このブログへは日本語が含まれないコメントはできません。(スパム対策)

Return Top